• 2009年8月 月刊ギャラリー広告掲載月刊ギャラリー
    • 第13回芸術センター受賞作家展告知
      雑誌広告やWebへの配信、DM、B2ポスターの展覧会告知ツール制作など主催者が中心となって進めること以外に、作家自身の仕事量が平均以上に大きい。なんと言ってもマーケッティングの強化が展覧会の成功の鍵になる。やはり展覧会は主催者のそれに対する着眼力発想力にたよるところが大きい。



  • 2009年9月 読売新聞社
    • 読売新聞関西版受賞作家展紹介記事読売新聞社
      一時間以上にわたって大変丁寧な取材を受ける事となった。「なぜ描くのか」という根源的な問いかけに、情念という言葉を選び、また託して語ったのだけれど、話しつつ何か微妙にちがってるぞ、と感じ自問自答していたが修正できず。それなりに大きく取り上げていただけそうでしたが、ちょうど当日、選挙とバッティングしたためにレイアウト変更。選挙の記事に押されちょっと小さくなっていた。残念!その分だけ民主党は大きく躍進した。(カットは「蒸溜が舞う」S50)

  • 2009年9月 朝日新聞社朝日新聞社
    • 朝日新聞社関西版 芸術センター受賞作家展
      今回の受賞作品は「蒸溜が舞う」S50だが、朝日はあえて「流木を紡ぐ」をカットとして選んでいる。



  • 2008年6月 月刊一枚の絵
    • 第38絵の現在選抜展/山紫水明賞受賞特集記事掲載一枚の絵
      出品作品はF30号風景画「初秋の湯川」とF10号静物画「午後のバラ」の2点。はじめて油彩で描いた風景画。風景は水彩で4〜5点描いていたことはあったが、油彩ではこれが最初の作品になる。静物画はこれも全くのはじめてであるが、モチーフをバラにした。完全に計画的でコンクールの傾向と対策を考えての決定。あまりバラの絵を描きたいとは思った事がない。しかし描きだすとかなり面白い。思っていた以上に難しい。何しろじっとしていない。動く動く。バラの花がこれほど活発に動くとは考えてもいなかった。作業途中で半時間ほどキャンバスの前を離れて戻ってくるとバラの位置が全然違っている。家族に「だれか触ったかな?』と問いつめる始末。なんのことはない、バラ自身が勝手に右や左ににょろにょろ動き回っているのだ。これには参った。二日目位からその動きは収まったが、時間との勝負じみてくる。ある程度細密に描くには写真を正確に撮っておくしかないだろう。
media
ブログ