アートに疲れた頭にちょっとビックスカイの風を!
フライフィッシング釣行記


MADISON,HENRYSFORK
ニューメキシコ・ファーミントンの空港に、夜の9時頃到着。
乗り継ぎが悪く、成田を出発して18時間もかかっている。
日本を出発した時はジャンボ旅客機だったのに、アメリカの国内線は中型機、そしてデンバーからは20人乗りの小型機。
どんどん小さくなってくる。

なんせこの最後の小型機なんて、操縦席と客室がカーテン一枚。
離陸前に緊急時の説明は、普通スッチー(客室アテンダント)がやるところを、
いきなりカーテンがサッっと開いて、副操縦士が説明を始めたりする。
なんか「あっらー!」って感じだ。でも、なぜか新鮮で面白い。
説明なんか上の空で、救命具なんぞを掲げて真剣に使用方法を説明しているその操縦士の髭ズラを食い入るように見つめてしまった。いやいや失礼。
レギュレーション

ファーミントンの空港は、小さいけれど綺麗で清潔。
サウスロッキーからの澄んだ風を受けて、精霊を感じる落ち着く空港だ。う〜ん、空がデカイ。
しかしここで、私のロッドが行方不明!
片言の英語で空港カウンターの女性に(エイミーって名前だった)おずおずと尋ねた。

話では聞いていたが田舎のアメリカンは本当にフレンドリィ。
会話の下手くそな東洋人の私にも、しっかり親切にしてくれた。
このエイミーなんて、空飛ぶ飛行機をジェスチャーで演じてくれさえした。
「OK、ドウー ユー ノーゥ? エアープレーン、プルプルップル・・・。」

両腕主翼の唇エンジン音付きだ。いくらなんでも、エアープレーンの意味ぐらいは解るっちゅーのに。

ま、当たり前だといえばそれまでだが、仕事だからというだけでなく、ハートで親切にしてくれる。
アメリカ人の(全部じゃない)この包容力、親切心にはちょっこら脱帽。
日本人のそれとは、なにか奥行きが全く違うと考えるぞ、私は。といっても頭のてっぺんからつま先まで差別の固まりのような連中もごろごろいるから困ったもんだ、アメリカ。

エイミーにいろいろ調べてもらって、次の便に私のロッドが乗っていることが判明。
しばらく待つことに。
レンタカー屋の兄ちゃんも、めちゃフレンドリイ。
私がスキヤキソングをハミングして曲名当てクイズで遊んだりしていた。
半時間ほどたって、行方不明のマイロッドが無事到着、準備が完了。

これからニューメキシコの荒野の国道を、
しかも夜中に100マイルほど走破しなければならない。
こんな時間に未知のルートを走るのは初めてだ。たいした距離ではないが気持ちビクビクビクッ。
ちょっぴり気弱な単独行のワタシ。

夜に覆われた荒野のワインディングは、漆黒の大海原。
周りに光源がない暗闇を、木の葉に乗ってフワフワ空中を舞ってるようで、なんとも心許ない。

そんな不安な闇の中を2時間ほど経て、やっとサンワンのエイビスモーテルに無事到着。
既に12時くらいになっていただろうか、事務所の電気が消えている。
こんな辺境の地においてはオオカミやコヨーテ以外深夜に客が来るなんてことはないのだろう。
事務所はフィッシングショップと共用になっているらしく、ショップの奥に薄明かりが見える。
誰かいるかもしれないとドアをノックした。
すると奥から男性が出てきた。
日本からきたナカジマだと伝えると、慌ててドアを開けくれた。
遅いので心配していたとのこと。
笑顔で挨拶後、
鍵を受け取り、部屋に荷物を放り込んでベッドに風船が萎むように倒れ込んだ。
思わず「やったっー!やっと来たぞ!」と、小さく叫んでしまった感動の瞬間。
いや~、あの時の達成感は、ハートにグッと来るもんがあったな。
こういう時、一人旅は、ほん~まにグーなのだ!

ガイドのアル翌日。
アルっていう名のメキシカンが、私のガイドフィッシングを担当。

なんとも人懐っこい奴で、私の得意技英語
「アイ キャンノット スピーク イン、イングリッ、グリ・・・」
と下手な発音で言うと、
「な~に言ってんだぃ。気にすんなよ。俺だって日本語話せないさ。お~んなじだよ。」
とニコニコしながら言ってくる。

写真でテンガロンハットをかぶってるのが、アルだ。
彼の愛車が、1960年代頃(?)のブロンコ。
「ええ、まだこんな車走ってるの」って懐かしいやら、嬉しいやら、驚くやら。

初めて見るニューメキシコ、サンワンの印象は、事前にビデオや雑誌のグラビアでさんざん目にしていたので、それほど強烈なインパクトはなかったな。
しかし秋の紅葉のシーズンで、色彩のコントラストは、やはり日本ではけっしてお目にかかれないダイナミックで感動的。
素晴らしいものだった。

また、ここがテールウオーターだなんて、実際にダム下まで行ってその放水口を見るまでは、ちょと信じられなかった。かなりの水量でテキサスホール上の本流なんかは下手に立ちこんで流されようものなら一巻の終わりだろう。
24インチ

この辺りで行われるガイドフィッシングは、基本がインジケーターニンフフィッシングのようだ。
黙って任せていると、でっかいインジケーターになっている。
なんせ300メーター先からそのインジケーターが見えるんだから。

ま、郷に入っては郷に従えで、勧められるままにやってみた。
システムはドロッパー。頭にサンワンワームを結んで、そのゲープに20センチのティペット、18番位のニンフをつける。
それ以外にも、トップのフライアイにドロッパーのティペットをつけることもある。
私は後者を勧める。フッッキング率が若干違うようだ。

このシステムでボートから適当にキャストする。で、ぼーとしてる。
「ヘイ、フィッシュ!」ってガイドが叫ぶ。で、合わせをいれる。
グッドサイズのレインボーが釣れる。また、ぼーとしてる。
「ヘイ、フィッシュ!」で、ロッドを立てる。魚が釣れる。
で、ぼーと・・・。最高だ!

TJ二日目は別のガイド、名前はTJ。
ちょっとやせっぽちのヤングマン19歳だ。
あまりに若いのでちょっと心配だったが、
なんのことはない、釣はめちゃくちゃうまい。
私が考えるにサンワンでもトップクラスの腕前だ。

私が作ったへなちょこバンブーロッドを
「フ~ン、俺はバンブーは好きじゃないんだ。」
って言いながら、チェックがてら試しにキャストをはじめた。

別物である。
この男は別物だと思った。
私が先程まで使っていた同じロッドかと、我が眼を疑った。
全く別のロッドである。あまりのスゴイ、素晴らしいラインの動きに、私は口をポッカ~ンと空けて、ただただ、茫然としていた。

「TJ、な、なに、そのキャスティングは・・・。」
「うん、なんだい?」
「いや、す、すごい、スンバらしいキャスチングだ。」と私、マジに興奮して叫んだ。
「はははっ、パンチ、パンチショットだよ。」とクールにTJ。
「え?パンチショットって・・・?」

17インチTJが言うパンチショットとは・・・、
う~ん、こう、なんちゅ~か、拳でパンチを打つような感じ。
いや、失礼。ちょっとベタすぎました。
バックキャストをそんなに意識せずとも、フォアードキャストを拳で叩くように押し出すこと。
あくまで振り下ろす感じではなく、手首を曲げずに平行に押し出す。そんな感じらしい。

瞬発力もかなり必要だが、私が知っていたバンブーロッドの基本キャスティング概念(?)とは、むしろ相反する要素のようだ。
しかし「目から鱗が落ちる」とはこのことである。
ただ、スペイキャストの教本なんかに『パンチ』という単語はよく使われているから、私の単なる勉強不足だったってこともあるだろう。

サンワンの鱒は、基本がレンボーでカットボーも少しはいる。それにブラウン。
私も一度17インチのブラウンを釣り上げたことがある。
この時、私よりもガイドのTJのほうが喜んでいたようだ。
やはり釣り上げるのはめずらしのだろう。
2001年の夏にスチールヘッドをこの川に初めて放流したらしい。
5年後が楽しみだ。

ガイド達今回のサンワン釣行は10月。
朝5時に気温はマイナス2~3度、
しかし日中は25度近くまで気温が上昇する。
30度近い気温の落差。これは結構体にこたえる、ハードだ。

ライズは・・・と言えば、
これはもうお客さん!私の顔が終始ひん曲がっていたよ。
ダム下やチャネルの間の、大小のプールというプールで繰り広げられる静寂の中の激高。
ああ~あっ、誰かなんとかしてくれ!って、大声で叫びたくなる。
そこら中でヘッド&テール。

ヌ~ッと、20インチクラスの虹鱒の頭が出て、
その次に、ス~ッと背ビレが空を切り、最後に尾ビレをピロピロピロって振りながら消えていく。
ほとんど失神しそうなライズ、ライズ、ライズ。

ハッチは、22~24#サイズのブヨ。
黒っぽいボディにちょこっと白のウイング。
ティペットは7から8X。ゲゲゲッの細さじゃ。
これで20インチオーバーを釣り上げようってんだ。17インチ
あああ~っ、なんだこの興奮は・・・。

お気に入りのポイントはテキサスホール下、ティムズプール裏のビーバープール。
一秒間に10センチ以下の流れしかない止水っぽいプール。
時々オチャメなビーバーが顔をだす、ちょっと気難しいプールだ。
20:20
トゥエンティトゥエンティと声を出して言ってくれ。
20#のフライで20インチの鱒を釣る。
ここで私は、フライフィッシングの中で究極にして至上の釣りを堪能した。

めくるめく、目眩く、フライフィッシング。

帰国の前日夜、モーテルに帰り右腕を見やると、
日中の激しい釣りからくる筋肉痛で、少し震えが走っている。
日焼けで首筋や鼻筋に、軽い炎症をおこしている。

暑いシャワーを浴びて体中の筋肉の疲れを癒す。
シャワーの水滴一粒一粒が、体の芯まで突き刺すように沁みてくる。
体はボロボロに疲労しているが、精神いや神経はピリピリに研ぎ澄まされている。

このままここに居続けることができればと思い、直ぐにそんな甘い夢を打ち消す。
もしここに暮らせば、この精神の鋭利な刃物は逆に日々劣化していくのだろう。
この精神の充実は10日間という限定時間であるが故に与えられた、
ツーリストのためだけの特別の贈り物なのだから。

Thank you ! ABE'S everybody.

Copyright 2001 katsu.All right reserved.